女性の求人と結婚・年収

結婚したら転職する女性の心理

妊活

女性にとっての仕事が、結婚と天秤にかける価値が無かった時代から、今や平等に考える時代にまでなっています。

さらに結婚を機に退職する傾向が減少している背景でも、女性求人で既婚女性にとって有利なものはどれくらいあるでしょうか?
既婚女性にとって最大の懸念材料は子育てとの両立、もしくは子作りとの兼ね合いがあります。

出産のタイムリミットが示されている以上、仕事を優先に考えていても女性の幸せを失うことにもなりかねませんが、結婚が女性の子作り条件でないことも最近では認知されてきています。

しかし既婚女性が転職するには家庭内の諸事や、さらなる出産へ向けての妊活など大きな問題をはらんでいます。
そして以前のスキルを使う復職が難しいこともあります。

既婚女性にとっての転職の壁は、思いのほかに大きいと言えるでしょう。
企業的にはフルタイムを雇用したくても、時間勤務を望む声が高い既婚女性には、なかなか向かないのも事実です。

 

扶養家族として

既婚女性にはご主人の扶養家族として働く方がたくさんいます。
これは年収の上限が決められているので、超えずに働かなくてはいけません。

逆に扶養家族でなければ、年収を増やさなくては、税制面などでメリットもあまりありません。
企業は年収が増えると社会保険への加入が義務付けられているので、扶養家族として雇用する方がメリットがありながら、それでは勤務時間の点で問題があります。

出産、扶養家族、家事などの問題をクリアしながら働く、既婚女性求人があまりないのも事実ですし、そこにかつてのスキルが反映されない業務が多いこともあります。

子育てが終わって家事が軽減すれば多くの既婚女性が働ける条件はそろいますが、そこまで至らない方にとっての女性求人は、非常に問題を抱えています。

さらにその世代ではご主人も働き盛りで家事での手助けもあまり望めず、子育てなどでお金がかかることから収入を増やしたい思いがあるとしても、なかなか好条件の女性求人が見つからないこともあります。